TOPICS

独学とスクールの違い

独学とスクールの違い
LINEで送る
Pocket

独学でプログラミング言語を学ぶ

プログラミング言語を学ぶ場合は、本屋さんで参考書を買ってきて独学をするという方法があります。書籍代しか費用がかかりませんのでおすすめの方法です。まずは自分が覚えてみたいプログラミング言語の参考書を購入しましょう。独学でプログラミングを学ぶ時のコツは、参考書で勉強して終わりではなくて実際にプログラミングをしてみることです。プログラミングをしてみると分かっていたようで分かっていなかった場所などがよくわかります。参考書を読んで勉強して作ってみる、うまくいかなかった部分を参考書に戻って勉強するということを繰り返すと、徐々にプログラムを作れるようになっていきます。
参考書を買って独学で勉強をするメリットは初期投資が安いこととマイペースで勉強ができることです。デメリットは勉強に時間がかかることでしょう。わからない部分が出たら参考書を読み直したり、ネットで調べたりして自分で解決をしなくてはなりません。どうしても足踏みすることが多くなり時間がかかってしまいますのでスムーズに覚えていきたい人には向いていないかもしれません。とはいえ独学でプログラミングの一部でも覚えることができると自信になり、プログラミングをすることがもっと好きになるかもしれません。

オンラインでも対面でも学べる「Webスク」

  • スクールで学べばわからないところもすぐに講師の方が教えてくれるので、どんどんプログラミング言語を覚えることができます。
  • >>>公式サイトに移動

「学びを実践し、実績を積む、実利を得て、さらに挑戦していく」というモットーのもと、学ぶだけでなく本番環境を通して「現場で使えるスキル」を身につけるための教育プログラムを施しています。Webスクのカリキュラムは業界の動向を反映し将来を見据えたものになっています。また週に一度行われる「反転授業」では、学習したことをアウトプットすることにより学んだだけで終わらずスキルとして昇華できるようになっています。一人一人に丁寧な指導がありますのでわからない部分のサポートも十分です。

力がつくまで卒業できない「Dive into Code」

スクールにお金を払ってプログラミング言語を学びだすと「途中で投げ出したらもったいない」と、勉強をするモチベーションの維持に役立つかもしれません。

  • 「Dive into Code」にはWebエンジニアリング・スキルを武器に仕事をしていきたい人や、起業をして新規事業に必要なプログラミング・スキルを身につけたい人のためのスクールです。
  • >>>公式サイトに移動

Dive into Codeは「力がつくまで卒業ができない」ので卒業までにアプリの作成や、現場でエンジニアがこなしている仕事ができるようになります。20冊にまとめられたテキストも永続的にバージョンアップしていきますので卒業後も勉強を続けることができます。

出来る人間に生まれ変わる「ITブートキャンプ」

スクールに通うと同じ目的の仲間がいるので毎日が楽しいかもしれません。

  • 「ITブートキャンプ」に参加をすると、1か月真剣にプログラミングと向き合うことで自分を変えることができますしたくさんの仲間ができるでしょう。
  • >>>公式サイトに移動

人間が変わるには3つの方法しかないというある偉人の言葉があります。「時間配分を変える」「住む場所を変える」「付き合う人を変える」の3つで、ITブートキャンプに参加をするとまさにその3つを変えることができます。石垣・新潟・東京にキャンパスがありますので自分にぴったりな学びの場を選び、自分を追いこんでみましょう。

Special Title